タレント・講師例

実績例やご紹介を兼ねたページとなっています。様々な芸能プロダクションと提携しておりますので、掲載されていないタレント・講師のご提案にも対応いたします。

音楽

上妻宏光

上妻宏光(あがつまひろみつ)

津軽三味線の伝統と革新を追求し、ジャズやロック等ジャンルを超えたセッションで注目を集める。2001年、『AGATSUMA』にてメジャーデビュー。同アルバムは「第16回日本ゴールドディスク大賞 純邦楽アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞する。2ndアルバム『BEAMS 〜AGATSUMAII』は全米でもリリースされ、アメリカ東海岸ツアーも行う。マーカス・ミラー(B)、ハービー・ハンコック(Pf)など海外アーティストとの共演も多く、日本の伝統楽器と西洋の音楽との融合を行うなど、独自のアプローチで高い評価を得ている。また、近年では音響システムを使用せずに民謡を演奏する「生一丁!」全国ツアーも評判となる。さらに日本全国の小学校において日本の伝統音楽の魅力を伝える授業を行っており、次世代への文化伝承にも力を注いでいる。

音楽

上田正樹

上田正樹(うえだまさき)

1974年 伝説のスーパーバンド”上田正樹とサウストゥサウス”を結成し、当時のバンドブームの頂点にたつ。その後ソロとなり、1983年「悲しい色やね」がシングルチャート1位となる。1999年、日本文化解禁前の韓国にて名プロデューサー、キム ヒョンソクからの熱いオファーを受け、アルバムデビュー。その中の楽曲「Hands of Time」は 視聴率30%以上のドラマ「ゴースト」の主題歌にもなり、アルバムは20万枚のセールとなった。2001年インドネシアの歌姫REZAと「Forever Peace」でデュエットを果たし、インドネシアでは、17週間連続1位を獲得。人気はマレーシアにも飛び火し、アジアで確固たる存在となる。

音楽

立川俊之

立川俊之(たちかわとしゆき)元大事MANブラザーズ

1991年ファンハウスより大事MANブラザーズバンドとしてメジャーデビュー。3rdシングル『それが大事』が大ヒット。1992年、日本ゴールドディスク大賞 部門賞のベストVニューアーティスト賞を受賞する。(実売数は180万枚)

震災後、『それが大事』へのリクエストが増え、ラジオ等でパワープレーされた縁から、被災地でのチャリティーや学校でのイベントに積極的に参加している。

2014年6月よりスティング、ビリージョエルなどのカバーを中心としたライブをスタート。ソロワークでのライブ活動に加え、イベントへのゲスト出演やトーク&ライブ等、活動の場を広げている。

音楽

前田由紀

前田由紀(まえだゆき)元Whiteberryボーカル

1999年に北海道北見在住のティーンの5人でWhiteberryとしてメジャーデビュー。2000年8月にリリースしたJITTERIN’JINN「夏祭り」のカバーが大ヒットを記録。同年「第51回NHK紅白歌合戦」への出演を果たす。
その後、ヒットシングルを連発し人気絶頂の中、メンバーの進学などを理由に2004年に解散。
現在はソロ活動で各種イベントに出演し、全国を飛び回っている。

音楽

村上ゆき

村上ゆき(むらかみゆき)

シンガーソングライター&ピアニスト

福岡県飯塚市生まれ。
武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。04年ジャズシンガー&ピアニストとしてアルバムデビュー。05年スイング・ジャーナル誌05年度ジャズ・ディスク大賞ボーカル賞国内部門3位受賞。たおやかで透きとおった歌声やことばの発音の美しさなどが評判となり、ヘブンズ・ボイスとも評される。
現在はシンガー・ソングライターとして幅広く活動し、最近では森山良子、佐々木秀実等に楽曲提供も行う。一方で「積水ハウス」「シャープアクオス」等、数多くのCMソングも手がけ、今や”大人のCMソング”No.1歌姫と称されるほどに。また2011年4月よりTBSラジオ「村上ゆきのスローリビング」でパーソナリティをつとめる。
そしてTBSラジオ「100歳の詩人 柴田トヨ くじけないで」(2012年7月〜13年3月O.A)の番組音楽、「柴田トヨ くじけないで 朗読と音楽の世界CD」の音楽も担当するなどピアニスト、コンポーザーとしても活躍。
2014年10月29日樋口了一とのユニット「エンドレスライス」名義によるシングル「結婚写真」をリリース。(10月-11月NHKみんなのうた「山鹿のピアノ」収録)
2014年12月3日デビュー10周年を記念して制作されたアルバム「Piano Woman〜友だちから〜」をリリース。

音楽

矢野沙織

矢野沙織(やのさおり)

ジャズの名門SAVOYレーベル日本人アーティスト第2弾として2003年9月、16歳でセンセーショナルなデビューを飾る。モダン・ジャズの起源である”ビ・バップ”に真摯に取り組み、日本にとどまらずニューヨークでもライブを重ねる一方、テレビ朝日系「報道ステーション」テーマ曲に起用され、世に新世代ジャズの到来を知らしめた。2007年春、花王”ASIENCE”の新たなアジアンビューティとしてCMに登場。同CMで使用されたオリジナル曲「I&I」を収録した、20歳にして初のベストアルバムは、第22回日本ゴールドディスク大賞 ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。ジャズの枠を超えて広く注目を集めた。

音楽


PAGE TOP ▲