タレント・講師例
増田明美

増田明美(ますだあけみ)

スポーツジャーナリスト/大阪芸術大学教授

高校在学中、長距離種目で次々に日本記録を樹立する。1984年のロス五輪に出場。92年に引退するまでの13年間に日本最高記録12回、世界最高記録2回更新という記録を残す。現在はスポーツジャーナリストとして活躍中。マラソン解説にはその取材力で定評がある。また、2007年7月には初の小説「カゼヲキル」(講談社刊)を発表。2001年から10年間、文部科学省中央教育審議会委員を務める。厚生労働省健康大使。
【講演】テーマ:「自分という人生の長距離ランナー」「夢を走り続ける女たち」 ※健康をテーマとしたトークショーやパネルディスカッションも人気です

スポーツ


PAGE TOP ▲