タレント・講師例
大村崑

大村崑(おおむらこん)

俳優

1958年、民放開局と同時に「やりくりアパート」でテレビデビュー。以後「番頭はんと丁稚どん」、「とんま天狗」等、テレビに連続で出演し爆発的人気を得る。ダイハツ「ミゼット」や大塚製薬「オロナミンC」のCMなどで国民的タレントとしての地位を確立。
近年では、年に1、2ヶ月の舞台活動の他に「赤い霊柩車」シリーズなどのTVドラマに出演。シリアスドラマからコメディまで、幅広い演技力で取り組んでいる。また、これまでの人生や、大腸がん(早期発見)や結核といった大病した経験をもとに、講演やトークショーも精力的に行っている。
【講演】テーマ:「高齢化社会における幸福論 いま幸せでっか 」

健康・暮らし


PAGE TOP ▲